増野歯科医院コラム

2015.04.29更新

先ほど、テレビで、心に響いた言葉がありました。

テレビでおなじみのゴルゴ松本さん、「命」というギャグが有名ですが、そのつながりでなのでしょうか、命の大切さを訴えて少年院などを回られていて、この他、本を出版されたようです。

テレビでは、日本語の奥深さについて語られていました。

とても印象に残りましたので、皆さんにも。

・「幸い(さいわい)」と「辛い(つらい)」はとても字が似ています。

い時というのは、何か一つ欠けている事があって、それをひとつ()補う事で、いにすることができるのです。

辛 + 一 = 幸

苦難、困難、災難など、悪い事で、そういった事がない方がいいので、それを「無難」といいます。

でも、そういった事が自分を成長させると考えると、それがある事が自分の為になる、だから、「有難い」に、なる。

以上、二つの事、

ほんの一瞬のテレビの報道でしたが、私の心に残りました。

皆さんはいかがですか?

ゴルゴ松本さんの本、買おうかなー。

坂戸市、若葉駅近くの増野歯科医院からでした。

投稿者: 増野歯科医院

最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科