根管治療について

2016.03.13更新

不幸にして歯の神経がだめになった場合、歯科医院で歯の中の神経の治療を行います。

これを根管治療といいます。

神経を失う場合、多くは細菌感染によりますので、感染物質の除去がとても重要で、これが不十分だと、細菌が増殖し、再治療を必要となります。

私たち歯科医師は歯を守るために、極力再治療にならないように、目に見えない「細菌」を相手に努力して根管治療をしています。



今回のこの患者さんも神経を取る治療を行いましたが、極力妥協せず、歯の根の先までしっかり治療ができました。

レントゲンで、歯の根の先までしっかり薬が詰まっているのでわかると思います。

私も頑張りましたが、奥の方の歯なので、大きく口を開けなくてはならず、頑張ってくれた患者さんにも感謝です。

また、歯の根の治療は、外からでは進行状況がわからず、何をしているのか、どこまで進んでいるのか、とても分かりにくいので、気になる方も多いと思います。

坂戸市若葉駅近くの増野歯科医院では、患者さんに十分に説明し、理解してもらいながら、常に妥協しないで極力歯を残すように頑張って治療をしています。

少し、時間がかかりますが、歯を長く残すために、土台や基礎となる治療です。

ご理解いただき、歯を長く残すために共同で頑張っていきましょう。

投稿者: 増野歯科医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科