増野歯科医院コラム

2017.03.03更新

増野歯科医院コラムです。

よろしくお願いします。

投稿者: 増野歯科医院

2016.11.08更新

11月8日は「いい歯の日」です。

ごろ合わせですが、4月18日の「良い歯の日」、10月8日の「入れ歯の日」などもあります。

「いい歯」はみんなの願いだと思いますが、「いい歯」になるためには予防がとても重要です。

虫歯や歯周病の予防のためにはいろいろな取り組みがありますが、その中の一つに「フッ素」があります。

(こちらもご覧ください。>>>>>)

フッ素入りの歯磨き剤が良く知られていますが、研磨剤や発泡剤が含まれていない「フッ素ジェル」というのが販売されており、とても効果的です。

フッ素入りの歯磨き剤では歯を磨いている間の数分間だけ、フッ素の作用が働くことが多いですが、「フッ素ジェル」というのは、歯を磨いて汚れや歯垢を落とした後に歯全体にいきわたるように軽くブラッシングし、その後、うがいをしないで唾液を吐きだすだけでもいいようになっています。

これにより、フッ素の効果を普通の歯磨き剤よりもかなり長く働かせることができるという優れものです。

興味のある方はお声かけください。



坂戸市(鶴ヶ島寄り)若葉駅近くの増野歯科医院では、治療はもちろんですが、予防にとても重点を置いています。

悪くなった歯を治すだけの対症療法では、再発は防げません。

原因を考えて治していく「原因除去療法」が再発を防ぎ、良い状態を長く維持していくのに絶対必要です。

いつまでも「いい歯」でいるために、何かありましたらいつでもご相談ください。

投稿者: 増野歯科医院

2016.03.13更新

不幸にして歯の神経がだめになった場合、歯科医院で歯の中の神経の治療を行います。

これを根管治療といいます。

神経を失う場合、多くは細菌感染によりますので、感染物質の除去がとても重要で、これが不十分だと、細菌が増殖し、再治療を必要となります。

私たち歯科医師は歯を守るために、極力再治療にならないように、目に見えない「細菌」を相手に努力して根管治療をしています。



今回のこの患者さんも神経を取る治療を行いましたが、極力妥協せず、歯の根の先までしっかり治療ができました。

レントゲンで、歯の根の先までしっかり薬が詰まっているのでわかると思います。

私も頑張りましたが、奥の方の歯なので、大きく口を開けなくてはならず、頑張ってくれた患者さんにも感謝です。

また、歯の根の治療は、外からでは進行状況がわからず、何をしているのか、どこまで進んでいるのか、とても分かりにくいので、気になる方も多いと思います。

坂戸市若葉駅近くの増野歯科医院では、患者さんに十分に説明し、理解してもらいながら、常に妥協しないで極力歯を残すように頑張って治療をしています。

少し、時間がかかりますが、歯を長く残すために、土台や基礎となる治療です。

ご理解いただき、歯を長く残すために共同で頑張っていきましょう。

投稿者: 増野歯科医院

2016.02.05更新

先日、たけしの「みんなの家庭の医学」で私たち歯科医師がとても重要と思っている事がオンエアされました。

「舌が弱いと全身が衰える」という内容です。

食事が軟食化したり、よく噛まないでいると、歯や舌を含めた口の機能が低下してきます。

それにより、咀嚼する為に必要な筋肉が衰えます。

また、食の軟食化、噛みごたえのない食品は栄養のバランスが悪い事も多く、歯ごたえのある肉などに比べてタンパク質の不足を招き、筋肉が減ってしまい、全身の筋力低下により、老化を早める事になるというものです。

下の図は食事内容による栄養成分の違いについての一例です。


「育てようかむ力」より

ファストフードの方がたんぱく質の含有量が少なく、噛まないで食べられ、食事の時間も短いのがわかります。

今回、TVの中で実験に参加した60~70歳代の人7人のうち、4人の人が舌の力が実年齢より衰えており、全身の筋力の低下の結果と見事に一致していました。

まとめると、

全身の老化を早めてしまう舌の筋力を衰えさせる生活習慣として:

①:咀嚼回数が少ない

軟食化、歯の欠損なども含めた口の機能の低下により、軟らかい食品を選ぶことなどにより、タンパク質の不足により、筋力が減ってしまう。

②:会話が少ない

発音により舌は自在に変形し、よく動くようになり、筋力維持につながるが、会話が少ないと舌の動きも減り、筋力も低下してしまう。

全身の筋力低下を防ぐ為には逆に:

①:よく噛むこと
②:よく会話する事

が、必要という事です。

全身の筋力低下を防ぐ為にはタンパク質が重要で、それには肉の摂取が重要ですが、その為にはよく噛むために舌を含めた口の機能を向上させる必要があります。

その為に番組ではスルメを使った舌の筋力の向上を指導して見事にいい結果を出していましたが、私たち歯科医師の立場からすると、きちんと歯の治療をしてしっかり噛めるお口の中の環境を作ってあげる事がとても重要といつも感じています。

とても重要な内容の番組でした。

坂戸市若葉駅近くの増野歯科医院では舌の筋力を上げるトレーニングも以前より指導しています。

きちんと口の中の治療をして、さらに機能も向上させる為にはとても重要です。

興味のある方はいつでもご相談ください。

この番組のサイトはこちらです。>>>

投稿者: 増野歯科医院

2015.11.23更新

先日、校医をしている小学校の学校保健委員会に参加してきました。

学校保健委員会は学校保健を促進する事で子供達の健康の保持、増進を図るもので、学校教職員、保護者代表やPTA、学校医などから構成されています。

私の担当している小学校も学校の方で昼食後の「歯みがきタイム」を作ってくれたり、とても熱心に対応して下さり、年々虫歯の数も減少してきています。

とてもうれしいことです。



今回は外部講師をお招きして、「自尊感情を高めるコミュニケーション~親子で楽しむ会話とスキンシップ~」というテーマでお話をしていただきました。

子供たちと保護者はどう向きあっていけばいいのか、というのを学ばせて頂きました。

たいへん勉強になりました。

私も歯科医師の立場から、「夜早く寝る子ほどやる気につながる自己肯定感が高い傾向にある」という文部科学省が行った生活習慣についての全国調査の件を発表させて頂きました。

坂戸市若葉駅近くの増野歯科医院では、生活習慣とお口の中の環境についても注意を払ってみています。

「磨いているのに良くならない」など、何か、気になる事や、お困りの事がありましたら、いつでもご連絡ください。

投稿者: 増野歯科医院

2015.09.23更新

先日、坂戸市から、表彰状を頂きました。

坂戸市若葉駅近くの増野歯科医院では、長く、地域の小学校の学校歯科医として、歯科健康診断を始めとして就学時健診、学校保健委員会への参加、児童、生徒や保護者への講話などをしてきました。

そのことが評価されたのだと思いました。

とてもありがたいことです。

昔と比べて、今の子供たちは、虫歯は減りましたが、歯並びや咬みあわせの問題が増え、それに伴って口の周りや姿勢にも問題を抱えている子が増えている気がします。

当然、矯正治療が必要になってきています。

これからも養護教諭や先生方と相談して、子供たちの健康の保持増進に努めていきたいと改めて思いました。

児童生徒や保護者への講話についてはこちらもどうぞ>>>

就学時検診についてはこちらもどうぞ>>>

学校保健委員会についてはこちらもどうぞ>>>

投稿者: 増野歯科医院

2015.06.10更新

6月7日(日)坂戸市民健康センターにて、恒例の「歯と口の健康フェアー」が行われました。

天候にも恵まれ、多くの方々に参加していただきました。

ありがとうございます。

今年も多くの催し物が行われました。

内容についてはこちらをご覧下さい。>>>

私もいろいろな所に参加してきましたが、歯や口に対する皆さんの関心の高さに驚き、そして、ありがたく感じました。

この健康フェアーに、日本歯科医師会のPRキャラクターの「よ坊さん」や、坂戸市の「さかっち」、鶴ヶ島市の「つるゴン」なども来てくれて、子供たちだけでなく、大人にも大好評でした。








来年も多くの催し物を企画しています。

来年は鶴ヶ島保健センターで開催の予定です。

ぜひ皆さん、ご参加ください。

坂戸市若葉駅近くの増野歯科医院からご報告でした。

投稿者: 増野歯科医院

2015.06.05更新

6月4日から10日は歯と口の健康週間です。

各地でいろいろな催しが行われます。

私の地区(坂戸市、鶴ヶ島市)でも、6月7日(日)に坂戸市民健康センターで「歯と口の健康フェアー」が行われます。

   

催しの内容

・児童歯科健診、フッ素塗布
・成人歯科検診、口腔がん検診
・歯の何でも相談
・入れ歯ネーム入れサービス
・指の石こう模型製作
・児童画展
・マジックショー
・さかど健口体操
・8020よい歯の審査、表彰

など、盛りだくさんです。

例年多くの方が来場されています。

ぜひ皆さんもいらっしゃって下さい。

楽しいかもしれませんよ。

坂戸市若葉駅近くの増野歯科医院もいろいろなコーナーに参加予定です。

投稿者: 増野歯科医院

2015.05.31更新

今日は世界禁煙デーで、各地でいろいろな催しが行われます。

タバコの健康に与える影響、副流煙などにより周囲の方へ与える影響など、皆さんご存知でしょうか?

私たち歯科医師もお口の中の健康(健口)を考える上で、タバコの問題は絶対外せません。

タバコと全身疾患の関係、タバコと歯周病を始めとする口腔疾患の関係など、たくさんありますが、その一つとして、以下の写真を見てください。


「喫煙とお口の健康」(クインテッセンス出版)より

これはたばこによる肺表面の変化です。

右に行くに従ってニコチンやタールの沈着が顕著ですね。

これでは呼吸器に問題が出るのもわかりますね。


「喫煙とお口の健康」(クインテッセンス出版)より

こちらは口の中の比較です。

タバコだけの問題ではないかもしれませんが、歯周病の治療をしていて喫煙者は治療の効果、レスポンスが良くないのを実感しているので、この差はとてもよく理解できます。


これをご覧になっている皆さんもタバコには十分注意してください。

よろしければ、以前のブログもご覧ください。

以前のブログはこちら>>>

タバコによる歯周病を始めとするお口の中の問題を心配されている方は、坂戸市(鶴ヶ島寄り)若葉駅近くの増野歯科医院にご相談ください。

投稿者: 増野歯科医院

2015.04.29更新

先ほど、テレビで、心に響いた言葉がありました。

テレビでおなじみのゴルゴ松本さん、「命」というギャグが有名ですが、そのつながりでなのでしょうか、命の大切さを訴えて少年院などを回られていて、この他、本を出版されたようです。

テレビでは、日本語の奥深さについて語られていました。

とても印象に残りましたので、皆さんにも。

・「幸い(さいわい)」と「辛い(つらい)」はとても字が似ています。

い時というのは、何か一つ欠けている事があって、それをひとつ()補う事で、いにすることができるのです。

辛 + 一 = 幸

苦難、困難、災難など、悪い事で、そういった事がない方がいいので、それを「無難」といいます。

でも、そういった事が自分を成長させると考えると、それがある事が自分の為になる、だから、「有難い」に、なる。

以上、二つの事、

ほんの一瞬のテレビの報道でしたが、私の心に残りました。

皆さんはいかがですか?

ゴルゴ松本さんの本、買おうかなー。

坂戸市、若葉駅近くの増野歯科医院からでした。

投稿者: 増野歯科医院

前へ
最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科