増野歯科医院コラム

2014.03.27更新

この「齢」という字は年齢を表します。最近では簡略化されて
「令」が使われる事が多いですが、私たち歯科医師は
絶対「齢」を使うべきだと思います。

「齢」のへんの「歯」はもちろん「歯」を表します。
つまり、この字は歯に関係があるという事です。

昔の人は生きていくうえで歯は絶対に欠かせないものでした。

食物が今のように加工されて軟らかくなかった時代には、
歯がなくては生きていけなかったのだと思います。

若いころは歯が全部そろっていて元気でも、
年を取ると歯が少なくなって元気もなくなり、
さらに老いていくと歯が全部なくなって
ほとんど食べられなくなっていく。

こういった流れの中で見た目の歯の残り方で
およその年齢を推測していたのではないかと思います。

歯と全身の関係を表す興味深い字だと思います。

ぜひ皆さんもこれからは「年齢」と書いて下さい。

大切な奥歯のかみ合わせ(「歯は命」)についてはこちらを>>>

坂戸市(鶴ヶ島市沿い)若葉駅近くの増野歯科医院では、
「健口」情報をこれからも発信していこうと思います。

投稿者: 増野歯科医院

2014.03.27更新

「歯ぎしりやくいしばりをしていますか?」

こう質問するとほとんどの人は「していません」と答えます。

でも、お口の中のいろいろな変化や、日常での注意点を
説明すると、関心のある多くの方は自分がくいしばっている事に
気付いてくれます。

健全な歯や歯周組織を持っている方でも「力」が強ければ、
また、「力の持続時間」が長ければ、
それを受け止められずに徐々に様々な問題が出てきます。

これをDCS(Dental Compression Syndrome)と、いいます。

例えば、

・くさび状欠損
・骨隆起
・くいしばり顔貌
・歯の咬耗
・歯根破折
・頭痛、肩こり
・顎関節症
などの症状が現れてきます。

今、「力」の問題は歯や歯周組織、修復物の長期安定を
妨げる大きな問題と言われています。

歯を長持ちさせる為に、この「力」の問題も注意して下さい。

ご心配な方はいつでも、坂戸市(鶴ヶ島市)沿い、若葉駅近くの
増野歯科医院にご相談下さい。

投稿者: 増野歯科医院

最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科