一般歯科

虫歯治療

なるべく削らない、歯に負担をかけない治療をします

削った歯は、元に戻ることはありません。
なるべく歯を削らない状態で食い止めることが、最良の治療だと考えています。
初期のむし歯や歯周病は、フッ素塗布やクリーニング等を行い、ご自宅での丁寧なブラッシングと定期的な健診で、その状態を長く保つことができます。
削らなければいけない場合も、削る場所を最小限にとどめ、歯に負担をなるべくかけない治療を心がけています。

治療時に口腔内カメラでお口の中の状況を確認しています

全ての治療を、患者さんが本当に納得した上で受けられるよう、当院では治療時に口腔内カメラでお口の中を撮影し、診察台のモニターで一緒にお口の中の状況を確認・解説いたします。例えば痛みが出ないうちの初期むし歯を一緒に確認し、このまま放置した場合と治療をした場合の見通しをお伝えしています。

拡大鏡を使用した精密な治療

1.5倍~2.5倍に拡大できる拡大鏡を使用し、歯を削る時や詰め物の装着、根管治療などに使用し、より精密な治療を行います。

歯周病

「環境」から、歯周病の原因をなくす治療を行います

歯周病治療の基本はクリーニング・メンテナンスです。
歯科衛生士による歯石取りやブラッシング指導を定期的に行い、普段から歯垢・歯石をためないようにしていくことはもちろんですが、その患者さんの生活習慣などの「環境」を診ることを当院では大事にしています。例えば、一日中何か物を食べているなどの生活をしている人は、口内で細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまっています。
生活習慣まで踏み込んでアドバイスを行うことまでが、当院の歯周病治療です。

位相差顕微鏡を用い、口内細菌の分析をします

患者さんの歯垢を位相差顕微鏡で検査することで、歯周病の進行具合や潜在的なリスクを判断します。また、最適な治療法の判別にも役立ちます。(歯周内科治療)

ブラッシングの「力」を測定したうえで、ご指導をいたします

力を入れて歯をみがくことは、実は歯にかなりの負担がかかります。ブラッシングの時の力の入れかたを客観的に把握するため、当院では必要に応じて専用の測定器で歯ブラシが歯にかける圧力を測定し、ご指導させていただきます。

口内細菌のコントロールをすることは、口臭予防にもつながります

歯周病と口臭の原因は同じ、細菌です。口内で細菌が繁殖しやすい状態である歯周病は、口臭の大きな原因の一つです。
当院では、乳酸菌で口内細菌の改善をはかる「プロバイオティクス」も行っております。歯周病・口臭にお悩みの方は一度ご相談ください。

小児歯科

お子さんの治療では、決して無理をしません

緊急に処置が必要な場合はやむを得ないことがありますが、お子さんの治療は、歯医者さんが怖いと感じることがないように、お子さんのペースで治療を行います。
また、歯医者が怖いお子さんには、診察台に座る練習から「治療」を行います。

「練習」から始めることは、治療までに時間がかかるかもしれませんが、続けて歯医者さんに通えるようになるための大切なプロセスです。ご理解・ご協力をお願いいたします。

お子さんのむし歯治療には、ご両親のご協力も必要不可欠です

お子さんのむし歯の予防・再発予防には、ご両親にもお子さんの歯に対する「知識」を得ていただく必要があります。お子さんの歯のみがき方のポイントや、食生活に関してもアドバイスをさせていただきます。

当院院長は、長年地元の小学校・保育園にて校医・園医を務めております。お子さんの歯を見守り続けてきた当院で、ぜひお子さんの治療をご検討ください。

また、最近では、お子さんの歯ならびを気にされて来られる方も多くなっています。歯ならび(矯正)治療は低年齢のお子さんの場合には成長を利用できる分、メリットが大きいです。

お子さんのむし歯治療には、ご両親のご協力も必要不可欠です

お子さんのむし歯の予防・再発予防には、ご両親にもお子さんの歯に対する「知識」を得ていただく必要があります。お子さんの歯のみがき方のポイントや、食生活に関してもアドバイスをさせていただきます。

当院院長は、長年地元の小学校・保育園にて校医・園医を務めております。お子さんの歯を見守り続けてきた当院で、ぜひお子さんの治療をご検討ください。

また、最近では、お子さんの歯ならびを気にされて来られる方も多くなっています。歯ならび(矯正)治療は低年齢のお子さんの場合には成長を利用できる分、メリットが大きいです。

根管治療

なるべく歯を抜かずに残す為に大切な治療です

むし歯が進行して大きくなると、菌が歯の中の神経に感染してしまう為に神経を取らなくてはならない様になります。
「根管治療」とは、この悪くなった神経や炎症を起こしている部分をきれいにする事をいいます。
根管治療の難しい所は、歯の根の先の目に見えない部分を扱う事にあります。
慎重にていねいに行う為に時間はかかりますが、この根管治療の成否が歯の寿命、予後に大きく影響します。
なるべく歯を抜かずに残す為に目立たない治療ですが、とても大切な治療です。

スポーツマウスガード

スポーツパフォーマンスの向上を目的としてマウスガードを作成しています

スポーツ時に使用するマウスガードはスポーツ時の外傷の予防だけでなく、顎骨骨折や脳への衝撃や脳震とうの予防、さらには、噛みあわせの向上によるスポーツパフォーマンスの向上を目的として使用されています。
当院では極真会館医事委員会協力医正会員でもあり、極真会館会員はもとより、多くのマウスガードを作成しています。

その特徴として、

  • 個々の歯ならびに合わせて作るため、高品質で適合が良い。
  • 口の中の保護だけでなく、衝撃吸収から脳震とうの予防につながる。
  • 息苦しくなく、話も楽な独特の設計。
  • 呼吸、嚥下(唾液の飲み込み)が楽。
  • スポーツ中に簡単に外れない。

また、当院で作成する場合には、装着時の重心の位置も確認して作成しています。パフォーマンスの向上を望んでいる方は是非ご相談下さい。

最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科