インプラント

インプラントとは

歯を失った部分の顎の骨にインプラントを埋め込み、それを土台にして人工歯を装着します。簡単な手術が必要で、時間と費用もある程度かかり、適応症もありますが、自分の歯を傷つけることなく、自分の歯にかかる負担を減らすことができるので、条件が合えば、より多くの歯を残すためのすばらしい方法といえます。

OAM法

インプラントを選択した場合に、顎の骨が狭く条件が悪い時に、当院では顎の骨を削らずに押し広げてからインプラントを埋め込むOAM法も症例に応じて取り入れています。

CT分析

診断の際にレントゲンでは2次元情報しか得られず、診断の難しい時もありますが、CTを撮影する事により、3次元情報が得られ、より正確な顎の骨の内部の情報を得ることができます。 当院ではシンプラントというCT分析ソフトを使い、診断、治療計画の立案を行っています。

歯を失った時の治療なら増野歯科医院におまかせください

大学卒業後、大学病院で「補綴(ほてつ)」(失った歯を補う方法)を専門に学び、その後も多くの経験を積んできました。
大臼歯を一本失うと、食べやすさが30%減少すると言われています。噛めなくなった分は他の歯が負担する事になります。歯科医師会の推奨する「8020運動」も80歳で20本の歯が残っていればほとんどなんでも噛めるということからきています。
失った歯が多くなる程残された歯の負担が多くなり、それが次の歯を失う事につながります。長く自分の歯を維持するためには、どこかでこの流れを止めなくてはなりません。
歯の失い方、歯の本数、残っている歯の状態はひとりひとりすべて異なります。
当院では、歯を失った部分を補うだけではなく、残っている歯の保護、長期安定を考えて最善の方法を提案するようにしています。

当院では、入れ歯・ブリッジ・インプラントと3つの治療を行っております。
症状や患者さんの状況によって治療方法は異なりますので、治療を行う前にじっくりとカウンセリングを行い、患者さんお一人お一人に適した治療を選択していただいております。

最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科