矯正歯科

明眸皓歯(めいぼうこうし)

きれいな歯、歯ならびは美しさの代名詞でもあります。
歯ならびが美しくなると、

  • 見た目が良くなる
  • 噛みやすくなる
  • 歯が磨きやすく、虫歯や歯周病の予防につながる
  • 発音しやすくなる

などのメリットがあります。

また、最近では、姿勢と噛み合わせの関係も言われてきています。

たとえば、

ボーリングのボール(以降「ボール」)を持った事がありますよね?では、ボールはどう持ちますか?
ほとんどすべての方が、「わきを締めてひじから先を垂直にして持つ」と思います。それが最も自然で無理な力がかからないからです。
では、わきを開いてひじから先を斜めにしてボールを持ったらどうなるでしょうか?すぐに辛くなって持っていられなくなりますよね。筋肉が疲労して支えられないのです。
でも、それと同じことを気づかずにしている人がいます。

それが「猫背」です。
人間の頭はボーリングのボールと同じぐらいの重さと言われています。猫背の人は背中が丸くなり、肩よりも頭が前に出ているので、常に頭や首の後ろの筋肉や背中の筋肉が緊張しています。その為にひどい肩こりを訴えたり、逆に常に緊張している状態のために肩こりや緊張に気付かない人もいます。 さらに猫背は噛みあわせを悪くします。
試しに力を抜いてリラックスしてから頭を少しずつ前に出してみて下さい。どうですか?少しずつ口が開きやすくなってきませんか?頭や上顎が前に出ても下顎がそれに追いついていないためです。
そのため、そこから口を閉じると下顎が奥に下がって噛むことになりやすいのです。これは一つの例で、ほかにもいろいろな事がかかわってきています。
このように、姿勢と噛み合わせは連動していることが多く、当院では、必要な方には姿勢分析や噛みあわせからみた姿勢改善プログラムの指導なども行っています。

お子さんの矯正治療は、成長をうまく利用して行います。

この症例は非抜歯矯正にて行っています。中央のねじの所が広がった分だけ顎が拡大しています。

床矯正により、歯並びを拡大した症例

大人(永久歯列)の方も「なるべく歯を抜かない」矯正を行います

大人の方でも矯正治療は十分可能です。矯正治療で歯ならびを良くする事で、見た目も良くなりますが、それだけでなく、歯も磨きやすくなり、虫歯や歯周病の予防となり、歯を長く残す事が可能となります。
当院ではできる限り歯を抜かないで行う矯正を取り入れています。(非抜歯矯正)

ねじが広がった分だけ顎が拡大しています。

目立ちにくい矯正(アソアライナー)

この矯正方法は、透明なマウスピースを使って行う矯正方法で、着脱式で目立たず、違和感が少なく、長期間装着することが可能です。

デジタルセファロレントゲン

歯ならびの違いは様々な所に影響を与えている事がわかりつつあります。顎の骨の変化、気道の広さへの影響、頸椎の湾曲、頭蓋骨への影響なども報告されています。鼻づまりと歯並びの関係も報告されています。それらを総合的に判断する必要性から、頭蓋骨全体が撮影される特別なセンサーを使った被爆線量の少ないワンショットのデジタルレントゲンを使用しています。

最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科