院長・スタッフ紹介

院長挨拶

歯科治療において一番大切なのは「診断」であると考えます

患者さんのお口の中の状況を正しく把握し、むし歯や歯周病の進行具合と、そのまま放置した場合どうなるか、という見通しを患者さん自身と共有することが、その方に本当に必要な治療の第一歩です。
治療を積極的に行うのではなく、歯を削り過ぎず残すために何ができるかを考え、そして時間や費用などを始めとした患者さんのご希望と照らし合わせたうえでの選択肢をご提示します。
患者さん自身が、ご自身のお口の中の状況をご理解し、納得のうえで治療法を選んでいただき、共にお口の健康(「健口」)を実現していける“パートナー”でありたい。それが、増野歯科医院の思いです。

院長 増野 光彦

スタッフ挨拶

受付の時、クリーニングなどの治療の時、お会計の時など、お一人おひとりの患者さんとたくさんお話をさせていただいています。
生活環境の変化は、そのままお口の健康に影響することが多く、普段のお話から得た情報も治療方針へと反映し、皆さまにより合った治療を行うように努めています。
また、定期検査のお知らせなどもご希望に応じて皆さんに直接ご連絡差し上げています。
治療のことから世間話まで気軽に話せるような、末長いお付き合いができる関係を築ければと願っております。

最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科