矯正歯科について

2014.07.14更新

歯並びに影響する要素はいろいろとありますが、その一つに
上唇のうらのすじ(上唇小帯)があります。

このすじが強いと、上の正面の歯の間にすじが入り込んでしまって、
前歯の間に隙間が空いてしまいます。



小さい頃、乳歯の時にも見られますが、様子を見ていると、
永久歯になる頃には消えて、すきまがなくなる子もいますが、
すじが強い時には、すきまが開いたままになってしまう事もあり、
対応を考える必要があります。

また、このすじが強いと、お母さんが磨いてあげるときに
歯ブラシが引っかかって、痛がることがあり、
そのために歯磨きを嫌がることがあります。

そういった時には注意する必要があります。

ご心配なときにはいつでも、坂戸市若葉駅近くの増野歯科医院にご相談ください。

この子が、すじを取った後の歯並びについてはこちらを>>>

投稿者: 増野歯科医院

最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科