予防・メンテナンスについて

2022.12.07更新

近年、日本でも歯に対する関心が高まり、予防歯科が重要ということが広まってきています。しかし、まだまだ治療で歯科医院に来院する方の割合のほうが多く、歯医者というと「痛くなったら行く場所」「虫歯が出来たら行く場所」という考えの方も多いのが現状です。
そこで今回は、予防歯科を受けることで得られるメリットについて解説していきます。

予防歯科とは?

予防歯科

予防歯科とは、定期的に来院してもらい、虫歯や歯周病などのお口の中の疾患を早期に発見し、進行・悪化する前に、治療や生活習慣の指導を行うことを言います。定期的に予防歯科を行うことで、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。
自分の歯に勝る治療方法はありません。歯は、治療を行った瞬間から寿命が少しずつ短くなると言われています。
幼少期や若いころから予防歯科を受けることで、歯に対する関心が高まり、普段のお口の中のケアに対するモチベーションも維持できます。最終的には、歯を失うリスクを大幅に減らすことができます。

予防歯科の内容

 

・健診や検査

お口の中をチェックし、虫歯や歯周病の有無を確認します。必要に応じて、レントゲン撮影や歯肉の検査を行います。

・歯石取り

歯石は歯周病を悪化させる原因となります。そこで、専用の機械や器具を使用し、歯石を取っていきます。

・歯のクリーニング(PMTC)

歯科衛生士が専用の機械を使って、普段の歯みがきでは落としきれない汚れをきれいにしていきます。汚れをきれいにした後には、歯の表面を磨き、着色や汚れの再付着を防ぎます。

・ブラッシング指導

お口の中の環境や歯の質はそれぞれ異なり、その人に合ったブラッシング方法や歯ブラシの選び方があります。ブラッシング方法のアドバイスや、正しいブラッシング方法を習得していただき、日々のブラッシング習慣に生かしていただきます。

・フッ素塗布

フッ素には、歯の質を強くしたり、虫歯によって溶けた歯をもとに戻す作用があったり、むし歯菌の活動を弱める作用があります。フッ素を継続して塗布することで、むし歯予防に大きな効果が期待できます。

予防歯科の5つのメリット

 

①虫歯や歯周病の早期発見・予防

虫歯や歯周病などのお口の中の悪い所を、早期に発見し、予防することができます。早期に発見することで、最小限の治療で済み、自分の健康な歯を維持できます。

➁美しい見た目の維持

予防歯科では、歯のクリーニングを行います。歯石取りやPMTCを行い、専用の機械や薬品を使用して、歯の汚れを取っていきます。歯本来の白さが戻り、見た目も綺麗になります。

③痛みを回避できる

早期に虫歯を発見することで、痛みが出る前に治療を受けることができます。虫歯は進行とともに痛みを伴います。しかし、初期の虫歯は治療時の痛みもほとんど感じず、治療時間や回数も少なく済みます。

④健康寿命を延ばせる

近年の研究では、歯の残存本数が多ければ多いほど、健康寿命が長くなることが明らかになっています。自分の歯でしっかり噛むことで、健康寿命も延ばすことができます。

⑤全身疾患の予防

虫歯や歯周病はお口の中だけでなく、全身の疾患にも影響を与えます。
誤嚥性肺炎は、歯周病の菌が肺に入ることで発症します。また、歯周病菌は糖尿病や心筋梗塞、動脈硬化等の生活習慣病と関係があることが分かっています。お口の中を綺麗にしておくことで、全身疾患の予防に繋がります。

⑥経済的な負担の軽減

定期検診は費用の負担はありますが、年に数回ほどで費用は数千円程度です。虫歯や歯周病になると治療が終わるまで何度も通院が必要となります。また、一度虫歯になってしまった歯は、数年から数十年後に再治療になるケースもあるため、費用や時間が多く必要となってきます。予防歯科は、歯の健康だけでなく全身の病気を予防することにつながり、将来的な医療費の負担も減らせます。

お家でのセルフケアも重要

歯科医院で予防歯科を受ければ、虫歯や歯周病にならないわけではありません。定期的な予防歯科と同じくらい重要なのが、セルフケアです。セルフケアとは、お家で行うケアのことで、ブラッシングやフロスや歯間ブラシを使ったケアのことです。
ご自身のお口の中にあった歯ブラシを使い、1日2回から3回、丁寧にブラッシングしましょう。また、歯ブラシだけでは6割程度の汚れしかきれいにならないと言われています。フロスや歯間ブラシを使用して、歯の間の汚れもきれいにしましょう。

まとめ

予防歯科には、6つのメリットがあり、歯や全身の健康を守ることができます。歯の健康を守るために、定期的に予防歯科を受けましょう。
当院でも、予防歯科を受けることができますので、坂戸市の増野歯科医院へお気軽にお問い合わせください。

 

投稿者: 増野歯科医院

最近の院内風景 症例紹介 医院ブログ EPARK 歯科